AOSBOXブログ

AWS re:Invent 2017に初出展のAOSブースにはたくさんの日本の方にご来場いただきました。

ブログ

初出展のブースでは、バックアップデータをAI活用できる「AOSBOX AI+」と証拠復旧調査から生まれたセキュアな法人向けチャット「inCircle」をご紹介しました。 ブースの右上に貼ってあるAWSのAPNパートナーのマークはAWSが認定したパートナーにだけ配られるものです。 ブースに集まっていただいた日本の方々に、AOS代表から「AOSBOX AI+」とAIチャットボットのプレゼン、そして今回の販促品のビットコイン「AOSコイン」が一人一人に配られました。 こちらのAOSコインは、日本で作成したときからラスベガスに持って行っている間にも価値が上がっているとのことで、皆さん、すぐには換金しないで持っていていただいた方がさらに値が上がって行くかもしれません。

AWS re:Invent 2017 2日目「新機能発表のKeynote」まとめ

ブログ

ラスベガスで開催されているAWS Re:Inventの2日目が始まりました。 2日のキーノートスピーチは、新サービスや新機能の発表がメインです。スピーカーはAWSのCEOであるアンディ・ジェシィ(ANDY JASSY)でした。 昨年は、3万人程度の規模でしたが、今回は4万3千人以上が来場しているとのことでした。

AWS re:Invent 2017@ラスベガス ブース会場の雰囲気をレポート

ブログ

AOSデータはアマゾンウェブサービス(AWS)の APN パートナーとして、毎年一回ラスベガスで行われるAWSのイベントに参加しています。バックアップデータをAI活用できる「AOSBOX AI+」と証拠復旧調査から生まれたセキュアな法人向けチャット「inCircle」をご紹介しています。(日本からの出展は数社らしいので、がんばっています)

AWS re:Invent 2017 展示会場がオープンしました

ブログ

AWS re:Invent 2017の展示会場がオープンしました。非常にたくさんの人が来場されて歩けないほどです。アマゾンウェブサービス(AWS)では、昨年の1.5倍の規模で最大級の展示会となっています。 AOSブースでは、クラウドバックアップのAOSBOX AIプラスとビジネスチャットのInCircleを紹介しています。 また、販促品として実際に換金できるビットコイン「AOSコイン」を配布しています。

AWS re:Invent 2017 AWSグローバルパートナーサミット キーノート

ブログ

AWS re:Invent 2017がいよいよスタートしました。 MGMでは、グローバルパートナーサミットが開催されています。 キーノートスピーチは、アマゾンウェブサービス(AWS)のVice PresidentのTerry Wise氏の講演でした。 AWSのイベントは6年間で最大のイベントになっているが、我々こそがイノベーションを作る造り主となっています。この12ヶ月でAWSのエコシステムが非常に成長してきました。パートナーネットワークも1万を超えています。国レベルではインドが一番増えました。 フォーチュン100ならば90%がAWSを使っています。ユニコーンのスタートアップでも98%がAWSで稼働

AWS re:Invent 2017 AOSブース準備の様子です

ブログ
AWS re:Invent

ラスベガスでアマゾンウェブサービス(AWS)の最大イベントAWS re:Invent 2017が始まります。 全体では、4万人、日本からも1000人が参加するとのことです。前回はAWSに招待されて一般での参加でしたが、今回はAOSで独自のブースを出しており、日本企業での出展は4社だけとのことです。 販促品として実際に換金できるビットコイン「AOSコイン」をご用意しましたので、AWS Re:Inventにご参加の方は、是非、AOSブースにお立ち寄りください。 イベントの様子はAOSBOXのブログで更新していく予定です。

AOSデータは「AWS re:Invent 2017」に参加します。

ブログ

世界中のAWSユーザーが集まり、ベストプラクティスや最新情報を学ぶための年次カンファレンス「AWS re:Invent」が2017年11月27日~12月1日にかけてラスベガスで開催されます。このイベントにAOSデータは参加し、バックアップデータをAI活用できる「AOSBOX AI+」と証拠復旧調査から生まれたセキュアな法人向けチャット「inCircle」をご紹介します。 今回のRe:Inventの出展の大きな目的の一つに、弊社のAOSBOXAI+と他社様のシステムをAPIエコノミーを活用して連携できないかをチャレンジすることにあります。 API連携でさらなるAOSBOXのデータ活用の世界が広がるために、ラスベガスにて良い出会いがあることを願っています。

To the top