もっと詳しいFAQはこちら >

よくあるご質問

AOSBOX Cool を導入する前の確認事項です。

 

AOSBOX Cool システム要件

Windows版:

システム要件は次の通りです:

  • 日本語版 Windows 8.1、Windows 10(各32/64bit版対応)およびWindows 11(64bit版対応のみ)
    ※Windows Insider Preview上での動作はサポートされません。
  • 128kbps以上(推奨512kbps以上)のインターネット接続環境
  • 1024x768以上の画面解像度

 

AOSBOX Web管理ページ:

AOSBOX Web管理ページにアクセスするには、最新のブラウザーをご利用ください。以下のブラウザーを使用することを推奨します:

  • Microsoft Edge または Internet Explorer
  • Mozilla Firefox
  • Google Chrome

Web管理ページのURLは、アプリ、もしくは登録完了時に配信されたメールにてご確認ください。

 

モバイル端末:

AOSBOX Coolでは、iOSやAndroid OSを搭載したスマートフォンで、AOSBOXモバイルビューアを使用することでパソコンでバックアップしたファイルの閲覧やダウンロードを行うことができます。

 

導入前の確認事項

  • 他のバックアップアプリケーションを同時に導入すると、AOSBOXを含むバックアップアプリケーションの動作に影響が発生することがあります。なお、AOSBOXはWindowsサービス「Volume Shadow Copy Service」を利用します。
  • クラウド上にファイルをバックアップするため、ネットワークにある程度の負荷がかかることが予測されます。なお、AOSBOXが使用するネットワーク帯域は調整することができます。
  • インストールすると、AOSBOX Backup Serviceが稼働状態になり、AOSBOXのアプリケーションを終了している状態でもスケジュールバックアップが行われます。
  • コールドストレージにバックアップした場合、それらのファイルの復元には3~5時間の待機時間が発生します。
  • AOSBOXはイメージバックアップとは異なり、オペレーティングシステムやインストールされているアプリケーションのバックアップは行いません。
  • AOSBOX Coolでは、AOSBOX Business で提供される以下の機能をご利用いただけません。
    • サーバーのバックアップ
    • ネットワークフォルダーのバックアップ
    • 外付けハードディスクのバックアップ
    • 即時復元可能なストレージ(Cool版では、復元には3~5時間の待機時間が発生します)
    • 管理者機能(ユーザーの管理、ポリシーによるバックアップの一括制御など)
    • バックアップ済みファイルの共有
    • バックアップ済み音楽・ビデオファイルのストリーミング再生(JPG画像のプレビューは可能)
    • モバイルアプリを利用して端末にバックアップされたファイルをダウンロード

方法1:AOSBOX Web管理ページから

  1. AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。
  2. マイコンピューター タブをクリックします。
  3. コンピューターのコンボボックスから、復元したいデータのあるコンピューター名を選択します。
  4. 最初に コールドストレージ フォルダーを選択し、その配下の復元したいファイルをクリックするか、複数のファイル/フォルダーにチェックを入れて ダウンロード ボタンをクリックします。
  5. 表示されたウィンドウで 開始 をクリックします。約3~5時間で、選択したファイルにアクセスするためのリンクが記載されたメールが届きます。
  6. メール内のリンクをクリックして開き、復元したいファイルを選択して ダウンロード ボタンをクリックします。
ダウンロード可能なファイルサイズには制限があります。 大きいファイルは方法 2を使用することをおすすめします。

方法2: パソコンから

  1. タスクトレイのAOSBOXアイコンを右クリックして AOSBOX ホーム画面を表示する をクリックします。
  2. 復元 をクリックします。
  3. 表示されるウィンドウ(AOSBOX復元ユーティリティ)のコンボボックスから、復元するデータのあるコンピューター名を選択します。
  4. 最初に コールドストレージ フォルダーを選択し、その配下の復元したいファイル/フォルダーにチェックを入れて 次へ をクリックします。
  5. 復元する場所、および復元オプションを設定して 次へ をクリックします。
  6. AOSBOXは、復元するファイルを計算し、タスクトレイに復元準備中を示すアイコンが表示されます。
  7. 復元されるまで、約3~5時間かかります。復元中はパソコンの電源を入れたままにしてください。復元の準備ができたファイルから順次復元されます。復元ユーティリティのウィンドウは他の作業の邪魔にならないように、最小化することができます。
  • 選択したファイルが、1日に復元可能な容量を超えている場合、復元には数日かかることがあります。
  • アーカイブされたコンピューターから復元する場合も、同じ手順で行います。

AOSBOXアカウントのアップグレード方法は、次の通りです。

  1. AOSBOX Web管理ページにアクセスしてログインします。
  2. 「アップグレード」タブをクリックします。
  3. AOSBOX Coolの場合は、購入する期間を決定します。いずれも容量は無制限となります。AOSBOX Businessの場合は、購入したいユーザー数、サーバ数、ストレージ容量(通常のストレージ、またはコールドストレージ)を決定します。
  4. レジに進むをクリックして手続きを完了してください。完了後、アカウントは即座にアップグレードされます。

メール

  • Outlook *.pst (メールメッセージ、カレンダー、連絡先など)
  • Outlook Express *.dbx (メールメッセージ)、*.wab (連絡先)
  • Windows メール/Windows Live メール *.eml (メールメッセージ)、stationary files、community files、.oeaccount、 rules、および *.contact (連絡先)

デスクトップ

デスクトップ上にあるすべてのファイルをバックアップします。

マイドキュメント

マイドキュメント/パブリックドキュメントフォルダーにあるすべてのファイルをバックアップします。

Officeファイル

デスクトップ、ドキュメントフォルダーからOfficeファイルをバックアップします。 *.doc;*.docx;*.dot;*.dotx;*.docm;*.dotm;*.txt;*.rtf;*.wri;*.abw; *.odt;*.ott;*.stw;*.vor;*.sdw;*.fodt;*.psw;*.vot;*.sxw;*.lwp;*.wpd; *.ppt;*.pps;*.pot;*.pptx;*.pptm;*.potx;*.potm;*.ppam;*.ppsx; *.ppsm;*.ppa;*.odp;*.otp;*.sxi;*.sti;*.sxd;*.sda;*.sdd;*.vop;*.odj; *.prz;*.shw;*.xls;*.xlt;*.xla;*.xlsx;*.xlsm;*.xltx;*.xltm;*.xlsb;*.xlam; *.ods*;.ots;*.sxc;*.stc;*.dif;*.slk;*.fods;*.pxl;*.vos;*.qpw;*.wk1; *.wk3;*.wk4;*.mdb;*.mdw;*.mda;*.adb;*.ade;*.accdb;*.accde; *.accdt;*.accdr;*.odb;*.apr;*.dbf;*.odf;*.sxm;*.pdx;*.vsd;*.vss; *.vst;*.vdx;*.vsx;*.vtx;*.odg;*.otg;*.std;*.fodg;*.pub;*.mpp; *.mpd;*.mpt;*.mpw;*.mpxFinancial

画像ファイル

ユーザーとパブリックのピクチャーフォルダーをバックアップします。

音楽ファイル

ユーザーとパブリックのミュージックフォルダーをバックアップします。

ビデオファイル

ユーザーとパブリックのビデオフォルダーをバックアップします。

ブックマーク

次のブラウザーのお気に入り(ブックマーク)をバックアップします。

  • Internet Explorer
  • Mozilla Firefox
  • Google Chrome
  • Opera
  • Safari

会計ファイル

デスクトップ、ドキュメントフォルダーから次の種類のファイルをバックアップします。 *.mny;*.qbw;*.qel;*.qsd;*.qph;*.qbb;*.tax;*.t01;*.t02;*.t03;*.t04; *.t05;*.t06;*.t07;*.t08;*.t09;*.ptb;*.qdf;*.ypr;*.kyr;*.ypb;*.acc; *.saccp;*.jbi;*.jbf;*.ldf;*.mdf;*.hb1;*.hb2;*.hb3;*.hb4;*.hb5;*.hb6; *.hb7;*.hb8;*.hb9;*.hb10;*.hb11;*.hb12;*.hb13;*.hb14;*.hb15; *.hb16;*.he1;*.he2;*.he3;*.he4;*.he5;*.he6;*.he7;*.he8;*.he9; *.he10;*.he11;*.he12;*.he13;*.he14;*.he15;*.he16;*.klb1;*.klb2; *.klb3;*.klb4;*.klb5;*.klb6;*.klb7;*.klb8;*.klb9;*.klb10;*.klb11; *.klb12;*.klb13;*.klb14;*.klb15;*.klb16;*.hlx1;*.hlx2;*.hlx3;*.hlx4; *.hlx5;*.hlx6;*.hlx7;*.hlx8;*.hlx9;*.hlx10;*.hlx11;*.hlx12;*.hlx13; *.hlx14;*.hlx15;*.hlx16;*.ad1;*.ad2;*.ad3;*.ad4;*.ad5;*.ad6;*.ad7; *.ad8;*.ad9;*.ad10;*.ad11;*.ad12;*.ad13;*.ad14;*.ad15;*.ad16;*.ab1; *.ab2;*.ab3;*.ab4;*.ab5;*.ab6;*.ab7;*.ab8;*.ab9;*.ab10;*.ab11; *.ab12;*.ab13;*.ab14;*.ab15;*.ab16;*.kd1;*.kd2;*.kd3;*.kd4;*.kd5; *.kd6;*.kd7;*.kd8;*.kd9;*.kd10;*.kd11;*.kd12;*.kd13;*.kd14;*.kd15; *.kd16;*.kb1;*.kb2;*.kb3;*.kb4;*.kb5;*.kb6;*.kb7;*.kb8;*.kb9;*.kb10; *.kb11;*.kb12;*.kb13;*.kb14;*.kb15;*.kb16;*.kt1;*.kt2;*.kt3;*.kt4; *.kt5;*.kt6;*.kt7;*.kt8;*.kt9;*.kt10;*.kt11;*.kt12;*.kt13;*.kt14;*.kt15; *.kt16;*.dd1;*.dd2;*.dd3;*.dd4;*.dd5;*.dd6;*.dd7;*.dd8;*.dd9;*.dd10; *.dd11;*.dd12;*.dd13;*.dd14;*.dd15;*.dd16;*.db1;*.db2;*.db3;*.db4; *.db5;*.db6;*.db7;*.db8;*.db9;*.db10;*.db11;*.db12;*.db13;*.db14; *.db15;*.db16;*.lb1;*.lb2;*.lb3;*.lb4;*.lb5;*.lb6;*.lb7;*.lb8;*.lb9; *.lb10;*.lb11;*.lb12;*.lb13;*.lb14;*.lb15;*.lb16;*.lx1;*.lx2;*.lx3;*.lx4; *.lx5;*.lx6;*.lx7;*.lx8;*.lx9;*.lx10;*.lx11;*.lx12;*.lx13;*.lx14;*.lx15; *.lx16

電子書籍と年賀状データ

デスクトップ、ドキュメントフォルダーから次の種類のファイルをバックアップします。 *.azw;*.tpz;*.azw1;*.chm;*.lit;*.pdb;*.pdf;*.mobi;*.prc;*.tr;*.tr2; *.tr3;*.fb2;*.opf;*.aeh;*.lrf;*.lrx;*.epub;*.pdg;*.pkg;*.dnl;*.djvu; *.kml;*.arg;*.bfl;*.bkk;*.brn;*.ceb;*.ebk;*.ebo;*.ebx;*.etd;*.f4b; *.hsb;*.imp;*.mbp;*.meb;*.nat;*.oeb;*.rb;*.scb;*.skn;*.stk;*.swb; *.tcr;*.tk3;*.ubk;*.vbk;*.xeb;*.ybk;*.zvr;*.fwa;*.fwb;*.fzd;*.pdn; *.fga;*.fgl;*.idx;*.fgt;*.jsr;*.jyd;*.hsa;*.hsd

以下の方法でバックアップする項目を選択できます。

  • バックアップする項目を選択する画面が開きます。
  • クライアントのホーム画面から バックアップデータの選択 をクリックします。
  • AOSBOX Proの場合、ポリシーが割り当てられているユーザーは、この方法は使用できません。
  • Windows エクスプローラーから、ファイルやフォルダーを 右クリック して、AOSBOXに追加、または AOSBOXから削除 をクリックします。
  • ユーザーにポリシーを割り当てることはできません。
  • ポリシーは、AOSBOX Proのみで使用可能です。

AOSBOXアカウントのアップグレード方法は、次の通りです。

  1. AOSBOX.com から、AOSBOX Coolのセットアップファイルをダウンロードして、インストールします。
  2. AOSBOX Coolを起動し、アカウントをお持ちでない方 新規作成 をクリックして新規アカウントの作成を行います。既にAOSBOXアカウントをお持ちの場合は、メールアドレスとパスワードを入力して ログイン します。
  3. バックアップしたい項目を選択して 次へ をクリックします。
  4. バックアップ設定を行います
    • バックアップするスケジュール: 既定では、2時間ごとに自動的にバックアップを行います。
    • セキュリティオプション: バックアップされたデータにアクセスするためのパスワードを、アカウントのパスワードと共通にするか、ここで独自に指定するかを選択できます。
    • 帯域幅調整: AOSBOXが使用するネットワーク占有量を指定できます。
    • デュアルバックアップ: 外付けHDDなどに同時にバックアップする デュアルバックアップ を構築します。

パスワードを忘れてしまった場合、以下の操作を行ってパスワードをリセットします。

  1. https://aosbox.aosbox.com/ForgetPassword にアクセスして、アカウントのメールアドレスを入力します。入力後[送信]をクリックします。
  2. あなたのパスワードをリセットするためのリンクを含むメールが @aos.com ドメインより到着します。リンクをクリックして、新しいパスワードを指定します。

パスワードを変更してしばらくすると、AOSBOXアプリ側で新しいバスワードの入力を求められます。ご利用のメールアドレスと新しいパスワードを入力し、情報を更新してください。

お支払いは ROBOT PAYMENT (https://www.robotpayment.co.jp/ 旧:J-Payment) を介して行います。
クレジットカードのみ対応します。

  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express (Amex)

ご登録のお名前、メールアドレスをご用意の上、サポートセンターまでご連絡ください。
電話サポート:0570-064-764 (平日 10:30~17:00、12:00~13:00 を除く)
メール:support_aosbox@aosdata.co.jp

バックアップしていたデータを復元してからバックアップデータを残したままにする場合と、バックアップデータを削除する場合と2つの方法があります。

手順

  1. 買い換えた新しいパソコンにバックアップデータを復元します。
  2. その後、バックアップデータをアーカイブ(2-1.)するか、バックアップデータを削除(2-2.)します。
  3. 買い換えた新しいパソコンでバックアップ設定をする。

1. 買い換えた新しいパソコンにバックアップデータを復元する方法

買い換えた新しいパソコンにバックアップデータを復元するには、WebブラウザからAOSBOX( https://aosbox.aosbox.com/ )へアクセスし、対象のアカウントでログインして復元(ダウンロード)を行うか、アプリから復元を行います。アプリからの復元は以下手順をご参照ください。
※メールの復元はアプリからしか行えません。ご注意ください。

1) WebブラウザからAOSBOX( https://aosbox.aosbox.com/ )へアクセスし、これまで使用していたアカウントでログインします。

2) AOSBOXのダウンロードからインストールまでを行います。
インストール方法は「インストールと初回バックアップ」の手順3~9をご参照ください。

3) 「AOSBOX Coolにログインする」ダイアログが表示されますので、左下の「復元」をクリックします。

4) 「復元」ダイアログが表示されます。これまで使用していたアカウントを入力して「ログイン」をクリックします。

5) これでアプリからの復元準備が整いました。
 復元方法の詳細については「ユーザーマニュアル」をご参照ください。

6) 復元が完了したら、今までバックアップしていたデータを残すためにアーカイブ操作を行います。

2-1. バックアップデータをアーカイブする方法

1) クラウド上のバックアップデータをアーカイブするには、WebブラウザからAOSBOX( https://aosbox.aosbox.com/ )へアクセスし、対象のアカウントでログインします。

2) マイコンピューターへ移動します。

3) アーカイブするコンピューターを、プルダウンメニューから選択します。

4) 「詳細」メニュー内「アーカイブする」をクリックします。これでアーカイブは終了です。

2-2. バックアップしていたデータをクラウド上から削除する方法

※注 この操作を行うとバックアップしていたデータは全て消去されるので、必要な場合は必ず事前に別の場所へバックアップを保存しておいてください。

  1. クラウド上のバックアップデータを削除するには、WebブラウザからAOSBOX( https://aosbox.aosbox.com/ )へアクセスし、対象のアカウントでログインします。
  2. マイコンピューターへ移動します。
  3. 削除するコンピューターを、プルダウンメニューから選択します。
  4. 「詳細」メニュー内「コンピューターを削除する」をクリックします。再度確認メッセージが表示されますが、「はい」をクリックすると、コンピューターの登録、バックアップデータが全て消去されます。

3. 買い換えた新しいパソコンでバックアップ設定をする方法

  1. Windows上で「スタート」→「すべてのプログラム」→「AOSBOX Cool」→「AOSBOX Cool」の順にクリックします。
  2. AOSBOXを起動したら、初回バックアップの設定をします。初回バックアップの設定の詳細については「インストールと初回バックアップ」の手順10~14をご参照ください。

はい。示されている料金がすべてで、別途手数料などは発生しません。料金には、Amazon S3 ストレージ使用料、AOSBOXサービス、ソフトウェアおよびそれに関連するものが含まれています。

メールアドレスの「@」の直前が「! # $ % & ’ * + – / = ? ^ _ ` { | } ~」などの特殊文字で終わっているとログインできない場合があります。

  • ご使用できないアドレス例:test-@aosdata.co.jp
  • ご使用可能なアドレス例:test@aosdata.co.jp

お手数ですが、Web画面にログインしましたらアカウント設定から他のアドレスに変更をお願いします。
<アドレス変更の手順>

  1. Web画面にログインし、アカウント設定の[編集]をクリックします。
  2. 新しいメールアドレスを入力し、[変更]をクリックします。

Windows 10環境で次のような場合に発生することがあります。

・Windowsのビルド番号が変わるような大きなアップデートがあった場合
かつ
・Windowsのアップデート前にデュアルバックアップが設定されていて、アップデート後にデュアルバックアップ先にアクセスできない場合

ユーザーアカウント制御画面が表示された場合、Windowsの仕様上、許可を与えるまでバックアップが開始されません。
改善するには以下の方法をお試しください。

  1. デュアルバック先にアクセスできる状態にした上で AOSBOX Cool を起動し、UACに許可を与える。
  2. AOSBOX Cool をアンインストール後、再インストールする。
    ※アンインストール時に「AOSBOX Coolの設定を保存する」にチェックを入れたままにしてください。