AWS Snowballを利用した大容量バックアップサービスAOSBOX

AOSBOX_Amazonsnowball_slider_02.png

こんなお悩みありませんか?

  • データセンター(EMC、NetAPP、IBMなど)のコストが高すぎる。
  • データの保存先に困っている
  • データを消えないクラウドに保存したい
  • 応答速度の良いクラウドにしたい。
  • ネットワークスピードの速いクラウドにしたい。

上記の課題を解決するには、高価なデータセンターから、セキュリティとコストパフォーマンスに優れ、地震にも強いクラウドサービスにバックアップデータを移行したいところです。

しかし、数TB以上のバックアップデータをクラウドにアップロードするのは以下の理由で事実上不可能でした。

  • アップロードに時間がかかりすぎる(仮に50TBを10MBPSの回線をフルでアップロードしようとすると、回線効率を考慮しておおよそ509日かかる)
  • もしその通信途中でネットワークエラーが出ると再度やりなおし
  • アップロードの通信負荷が主要業務に影響を与えてしまう
  • ディスクをクラウドサービス側にもっていくことはできない
  • サーバーをクラウドサービス側にもっていくこともできない

新製品 AOSBOX With AWS Snowballオプション

新しく登場したAOSBOX With AWS Snowballオプション

日本製のクラウドサービスとして定評のあるAOSBOXに、AWS Snowballサービスのオプションサービスを使うことで、例えば、50TBの大容量データをおよそ3週間でAOSBOXへの取り込みまで完了することができました。AWS Snowballサービスでは、50~70TBのデータをAWSのサーバーへ移行するにはおよそ10日前後の見込みとみています。クラウド側への物理的なデータ移行は全てAmazonが責任をもって行いますのでネット回線に負荷をかけることなく、確実に素早くデータをクラウドに移行できます。

※ 移行時間はデバイス、データの種類、組み合わせによって大きく異なります。
※ AWS Snowballとは、Amazonが提供する 不正開封防止筐体、暗号化、およびデータのセキュリティと完全な保管継続性を確保するためのエンドツーエンドの追跡を使用した大容量のポータブルアプライアンスのことです。

サンプル

AWSにデータ移行した後はAOSBOXがデータの差分をスケジュール自動バックアップ。
今までのコストの5分の1でより安全なクラウドバックアップ環境の完成です。ぜひこの機会にお試しください。

よくお問い合わせ頂いている業種

  • メディア業界(大量の映像を保有)
  • 建築/製造業界(大量のCADデータを保有)
  • 医療業界(大量のレントゲンデータなどを保有)
サンプル

お申し込みの流れ

AOSBOX申し込み

AOSBOX With AWS Snowball 取込サービスの申し込み

お申込みはこちら

お客様に Snowball 到着

お客様のネットワークに接続

Snowballへデータをコピー

  • AOSBOX導入予定機にアプリケーションをインストール
  • Snowball クライアントで接続
  • ファイルのコピー

同梱の送り状にて Snowball を回収

Amazon到着後取込。その後、AOSBOXへの取込が完了

AOSから完了連絡

AOSBOX導入予定機へAOSBOXをインストール

初回バックアップを実行

AOSBOXの特徴

  • 必要なデータだけを取り出せる
  • 移行時点から無制限の履歴管理(※1)
  • 警察の仕事で培われた万全のセキュリティ
  • データが消えないクラウドバックアップ
  • ファイルをすぐに探せるインテリジェントサーチ(仮称)

※1 履歴管理・・・機能としては無制限ですが、容量が増えすぎるので初期値は10世代です。

※2 インテリジェントサーチ(仮称)・・・2017年夏期にリリース予定。

サンプル

AOSBOX With AWS Snowballのお問い合わせはこちら